学校選びがフィリピン留学の満足度を左右する

フィリピン留学を決意した際にもっとも注意しなければならないのは学校選びです。

欧米の学校との比較によって、マンツーマン指導や少人数グループの指導が多い教育体制、授業数の多さ、放課後の無料レッスン、ジムやプールなどの学内設備の充実、個室も得られる全寮制などの様々なメリットを突きつけられて魅力を感じ、ついどの学校でもそういった完璧な教育システムが整えられていると考えてしまいがちです。


しかし、実際は全てが完備されているわけではなく、学校によってあるものないもの、教育方針の微妙な違いなど様々な相違点があります。
したがって、欧米留学に比べてよい点と言われている事項についても実際にフィリピン留学を行おうとする際には個々の学校レベルで本当にそれが実現されているかを確認する必要があります。



学校探しを円滑に行うためにはそういったメリット、デメリットにあたる部分に順位付けをしておくと便利です。



寮の充実が全てに優先するのか、スパルタ式の教育かそうでないかを優先するかなど、留学先のシステムに欲するものは人によって異なります。

学校としての厳格さも求める度合いが異なるはずであり、放課後は自由に過ごしたいと思っているのに、学外にでる事が禁じられていたりすると幻滅してしまうことになるでしょう。

語学学校は多数あるので、フィリピン留学に際しては必ず自分が望んでいるシステムを持った学校がありますので、きちんと情報収集をして行き先を選びましょう。